音楽教室の口コミ評判

​今、密かなブームになっているのが大人の音楽教室

2016年07月30日 13時01分

今、密かなブームになっているのが大人の音楽教室です。従来はどちらかと言うと上から目線的な立ち位置であったのですが、今はお客さま目線で接してくれています。気軽に始めることができるボーカル系でも基本的なレッスンであるボイストレーニングからカラオケ・ジャズボーカルまで学ぶことができます。
 
気軽に楽しめる楽器で弾き語りなどを楽しめるギターやウクレレは根強い人気があります。定年退職をして介護施設などを回ってボランティア活動をしている人達も多くなってきていますね。フォークソング世代で以前ギターをしていた人達が再び音楽活動を再開している姿を見かけます。そんなときにちょっと音楽教室に通ってみる大人が増えてきているようです。
 
そして若い頃憧れだったサックス・バイオリン・フルートなども経済的にも時間的にもゆとりができた世代がチャレンジしたりしています。今回は【最近の音楽教室事情】についていろいろとご紹介したいと思います。
 
 
 
 
  • 最近の音楽教室で人気のコースの特徴とポイントはどこ?
 
  • ピアノのレッスンを学べるコース
ピアノのレッスンは音楽教室と言えば一番に思い浮かぶでしょう。それほど人気の楽器でしょう。ジャンルは主に「クラッシック」「ジャズ」「ポップス」があります。自分の好きな曲を弾けたり弾き語りをしたりできる喜びはひとしおになるでしょう。鍵盤から生み出される調べには力強さもあり優しさもあり癒されることになります。
 
初心者の人でも子どものころに基本的なバイエルを習ってきて再チャレンジする人でも入りやすいです。自分だけでマイペースでやりたいケースもあるでしょうし、他の楽器やボーカルとセッションを楽しむことも自由にできる楽器です。ピアノの教本も市販されている教本を使う場合もありますし、音楽教室独自のものを使うこともあります。レベルによって充実していますから入門者でもハードルが低く設定されています。
 
  • ギターのレッスンを学べるコース
ギターのジャンルには「エレキギター」「アコースティックギター」「クラシックギター」があります。種類はいろいろありますが、基本的な弾き方は同じと思われるでしょうが細かくは違います。クラッシックギターは指で弾きますがエレキギターは基本的にピックで演奏することが多いです。アコースティックギターは指引きの場合とピックを使って弾く場合があります。同じギターでも演奏方法は違うと考えたほうがいいでしょう。
 
ギターはどの世代でも愛されている楽器です。音を出してみたいならばどんな場所でもギター1本でメロディを奏でることができます。仲間同士で集まって演奏することもできますし、路上ライブみたいな感じで弾き語りをすることもできるでしょう。楽しみ方のバリエーションはとても多いです。
 
表現の仕方も多彩ですし、いろいろな曲を演奏できます。ジャンル毎にテクニックをマスターする楽しさもあります。ギターそのものの種類もとても多いですからコレクションとして購入する楽しみもあるのです。特にギブソンやマーチンなど学生時代には手がでなかった憧れのブランドも大人になれば購入することができてギター熱が再燃しているシニアも増えてきています。
 
  • ボーカルのレッスンを学べるコース
ボーカルの楽器と言えば、自分たちの身体そのものです。特別な楽器を用意する必要はありません。いつでもどこでも歌を歌うことができるのです。楽器の種類は多いですがボーカルは唯一お金を使わなくても良い楽器なのです。
 
楽器はあってもそれを磨かなければなりません。歌を歌う場合の姿勢であるとか呼吸方法や発声方法を身につけるには、やはり音楽教室に通うといいでしょう。ギターやウクレレなどは独学である程度はできます。ですがボーカルはなかなか独学では成長しないでしょう。
 
スキルアップするにつれて声がどんどんと変わってきます。そんな劇的な体験ができます。カラオケで友達や同僚をびっくりさせるほどの実力になる人も続出しています。楽器のテクニックをマスターするよりも歌で勝負をしたい人はボーカルのレッスンを積極的に受けているようです。
 
ボーカルレッスンの一番の楽しさはどこにあるのでしょうか?それは自分が好きな歌を大きな声で気持ち良く歌唱できることになることでしょう。ストレス発散になります。気分がモヤモヤしているときは一人カラオケでもいいのです。
 
最近は一人カラオケが流行っているのはこういった理由もあるのでしょう。またあなたの歌声で相手を楽しませることもできます。上手くなれば感動させることだってできるのです。自分の声や歌に自信がつくことによって性格も変わってくるでしょう。
 
  • ボイストレーニングを学べるコース
ボーカルと良く似ていますがボイストレーニングも身体が楽器になるタイプです。ボイストレーニングの場合は普段の話方も変わってきます。人間の印象を決定付けるのは声そのものです。呼吸の仕方や唇の形で相手に届くメッセージの深さ・レベルが違ってきます。ハッキリと明確な言葉が伝わることになると世界観が違ってきます。プライベートシーンでもビジネスシーンでもコミュニケーションが良好になってきます。魔法のように人生が開けてくる人も少なくありません。
 
滑舌や声の出し方がよくなると相手に自分の話・意見が伝わりやすくなります。ビジネス面でも大きな武器になることは間違いありません。日頃のセールス活動やプレゼンテーションにも大きな効果があります。
 
具体的なレッスンとしては発声練習や早口言葉になります。ボイスレコーダーに録音してみたりすると、明らかにレッスン前とレッスン後では違ってきます。自分の声が好きになってくる人も多いです。それにつれて表情もとっても豊かになります。
 
 
 
  • 音楽教室を選ぶ場合に注意したい3つのポイント
これから音楽を学ぼうとする場合には間違いなく音楽教室を選びたいですね。そのポイントを3つにまとめてみましたので参考にしてみてください。
 
  1. 対象者は大人なのか子どもなのか?
音楽教室には子ども向けのレッスンと大人向けのレッスンがあります。レッスン内容は大きく違います。大人の私達が音楽教室に通う場合は対象者が大人である音楽教室を選ばなくてはなりません。
 
大人が音楽教室に通う場合はいろいろな事情があるでしょう。家庭環境や仕事の状況によって通える時間に制限があったりします。子どもと違って音楽の好みはハッキリしているでしょうし、音楽講師との人間的な相性などもでてきます。
 
子どものレッスンの場合はレベルに合わせて授業が進行しますが、大人の場合は違います。先生との相性が悪ければ音楽の楽しさよりもストレスになることもあります。また初心者が多いのかとかそれなりのレベルの人が多いのかによっても雰囲気も違ってきます。この点もおさえておきたいでしょう。
 
  1. ロケーションはどうなのか?
仕事をしながら音楽教室に通う場合は自宅や職場から近いとか駅から血合いなどアクセスの利便性もあります。実際に行ってみるといいでしょう。急な用事で行けない場合があっても振り替えレッスンがあるようなところがいいでしょう。
 
  1. 無料体験があるのかどうか?
入会する前には無料の体験レッスンを受けるのは必須でしょう。その段階で音楽講師との相性や音楽の方向性や雰囲気・進め方などをチェックするといいでしょう。施設も確認してください。